お金のことを先に決めておかないと

援助交際と同じで、逆援助交際というものはお金のやり取りが前提になります。援助交際をやるなら、お金のことを先に決めておかないともめるものですが、それは逆援助交際というものでも同じなんです。お金のことを先に決めておかないと、もめます。

ただ、私の感覚では、やっぱり出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたいとか考えている男性は、どうしても女性に対して評価が甘くなるような気がするのです。やっぱり、嫌われたくないとか、せっかくゲットしたセフレを手放したくないとか、そういう意識が働くのだろうとは思いますが、私も逆援助を経験したときに、男たちがみんな甘い顔をするなあというのは印象に残っています。

男たちにとって、逆援助交際というものをするんだったらもちろん「女性からお金を受け取る」というのは意識としてあるだろうとは思うのですが、お気に入りの女性をセフレとして傍に置いておきたいというふうな考えが強くなると、実は男性って、あまりお金を要求しなくなるんですよね。

逆援助交際のパートナーとして男性を選んだ場合、いろいろと大人の事情とかもあると思うのですが、やっぱり男と女の関係なので、例えば風俗店でのやり取りみたいに百パーセントビジネスだけの関係と割り切ることは難しいでしょう。
最初のうちはお互いに特に何の感情も持っておらず、お金のやり取りを含めた体の関係だけだと割り切っていても、やっぱり大人の男女がセックスするときにいつまでも何の感情も持たないままでいるというのは事実上不可能なんです。

セックスの相性が良ければお互いに気持ちよくなれるものだし、相性がいいからこそ逆援助交際のパートナーなんてものが務まるわけです。
ただでさえ、男女のお付き合いに関しては常に女性に主導権があるといわれているのに、逆援助交際の場合はお金を払うのが女性の側なので、よりいっそう女性のほうが好きなように何でもかんでも決められるのです。
もし、逆援助交際のパートナーとセックスしてみてあんまり満足できなかったら、そもそもお金なんて払わないんじゃないかなと思うんです。
人によって考え方というのはいろいろと違うのが当たり前なので、かならずしも断言することはできないのですが、もしも私がお金を払う側だとして、セックスに満足させてもらえなかったら相手にお金を払わない可能性がありますね。

もちろん、こういうふうにお金を払うとか払わないとかいう問題でトラブルを起こしていると、後でもめるのですが、さっきも言ったように、逆援助交際のパートナーが気に入ってしまった場合は、どうしても男性は女性に対して甘くなるので、お金はいらないからずっと僕のそばにいてねというようなことを言いだす可能性があります。

決して自慢をするわけではないのですが、じっさいにわたしはそのようなけいけんをしたことがあります。
つまり出会い系サイトを利用して逆援助交際のパートナーを募集し、そこで知り合った男性にすっかり気に入られたので、逆援助交際なのにあまりお金を要求されなかったという経験です。

年齢とか個人のタイプとか、いろいろな原因によって事情は違ってくるのだと思いますが、やっぱり女としての魅力は武器になるのだなと思いました。
色仕掛けって本当にあるんですよ、私としては出会い系サイトを利用して自分にとって理想の男を金で買ったつもりでした。
金を払ったのはこっちという強みがあるので、普通の恋人には絶対に言えないようなわがままも言えますし、奴隷とまで言うつもりはありませんが、いってみればパートナーを自分の思うがままに操れるわけです。

もちろん私はセックスのパートナーがほしくて出会い系サイトを利用しているわけなので、パートナーから体の関係を迫られることについては抵抗がありません。
すでに結婚して旦那もいる立場ですが、そんなことは関係ありません。
もともと私は旦那との関係が悪くなって、このままでは欲求不満を抱えたまま死んでしまいそうだと思ったので出会い系サイトを利用して、逆援助交際を始めました。
だから、相手の男性から受ける奉仕に対する報酬として、逆援助交際のパートナーにお金を払うというのは私にとって特に違和感のないことだったのですが、相手の男性から気にいられると、お小遣いはいらないからずっと俺のそばにいてくれ、みたいなことを言われるのです。

正直、女としての自尊心が満たされ、幸せです。旦那とずっと生活しているだけでは得られなかった幸せだと思います。旦那を裏切って出会い系サイトを利用することについてはかなり抵抗もありましたが、それでも思い切って逆援助交際をやってみて良かったです。

ネット上でかなり話題になっているサイト特定!→逆援サイト